TEL:0422-76-1363 武蔵野市吉祥寺南町2-8-8 3F
ボナペティ・吉祥寺、Bon Appetit Kichijyoji






































































































◆ ボナペティ主催 Vin de Nature会
      〜郷土色豊かな自然派ワイン〜 ◆

2015年から開催致しております「ボナペティ主催 月例ワイン会」の一環として、身体に優しくテロワールを大切にした自然派ワイン・Vin de Nature会を、新たに2018年4月より毎月第4水曜日(7時00分〜9時30分)に開催致します。会費のおよその目安は10000円〜13000円を予定しております。
どうぞ皆さま(お一人様でもぜひ!)のご参加をお待ちしております。ご予約はお早めに!

☆年間を通してのご予約も承っております。その場合も、会費のお支払は毎回ご参加の際に頂いております。
基本的にキャンセル料は頂いておりませんので、キャンセルされる際はお早目にお知らせください。
                                                   (担当:岡部)


‐‐‐‐‐‐‐ 2月・第10回のご案内 ‐‐‐‐‐‐‐
テーマ: 「ローヌ」

メインテーマ:〜 ダール・エ・リボ 〜


 
繊細な人柄と どこまでも深い優しさを 映し取ったワイン
北ローヌの地で、自然派ワインを代表する生産者として知られるダール エ リボ。当主のルネ ジャン ダールと数十年来の友人でありパートナーであるフランソワ リボの二人によって運営されるドメーヌです。ワインの評価も非常に高く、多くの自然派ワインファンを魅了しています。その一方で、権威的なワインジャナーリズムを嫌い、メディアへの露出が極端に少ないために、知る人ぞ知る存在であるともいえます。
「もう自然派ワインを代表する生産者と言われるのは、嬉しくないんだ。僕達は、ずっと昔から美味しいワインを造ろうと努力し続けてきたけど、ただ当たり前のことを積み重ねてきただけなんだ。」
この生産者は、品種の繊細な美しさとエルミタージュやサン ジョセフといった土地のテロワールを追求し、そのプロセスで、自然な栽培・醸造にたどり着きました。「自然派ワイン」それ自体が目的ではなく、「美味しいワイン」こそが、彼らの理想なのです。だからこそ、様々なクオリティのものが混在する「自然派ワイン」に分類されたくない、一緒にされたくないという想いに至ったのでしょう。(インポーター:野村ユニソン資料より)
フランス国内で大変人気があり、輸出量が限られている貴重なワインを是非この機会にお楽しみください!


日時:2019年2月27日(水)7:00PM〜9:30PM(受付開始/6:40PM〜)
   ご予約承り中!

会費:12000円(ワイン・お料理・消費税、込)

    ※ワイン会のお支払いは現金にてお願い致しております。

ワインリスト(予定):
* Vin *
 クローズ・エルミタージュ・ブラン(ルーサンヌ+マルサンヌ)
 クローズ・エルミタージュ・ブラン(マルサンヌ100%)
 サン・ジョセフ・ブラン(ルーサンヌ100%)
 クローズ・エルミタージュ・ルージュ(シラー100%)
 サン・ジョセフ・ルージュ(シラー100%)

料理:
 ワインに合わせた特別コースをご用意致します。ご期待ください!


以下、インポーター資料より転載

生産者:Dard & Ribo / ダール・エ・リボ

Crozes Hermitage Blanc / クローズ エルミタージュ ブラン
産地:フランス コート デュ ローヌ地方
品種:ルーサンヌ、マルサンヌ

フランス国内でも非常に人気が高いダール&リボの白ワイン。繊細な酸味に柔らかでトロピカルなフルーツのフレーバーがあり、しっかりとした旨みが特徴です。比較的早い段階でも楽しめますが、熟成によって妖艶な美味しさを獲得し、初期のフレッシュな爽快感とはまた違った味わいが楽しめるようになります。

Crozes Hermitage les Blanc des Baties / クローズ エルミタージュ レ ブラン デ バティ
産地:フランス コート デュ ローヌ地方
品種:マルサンヌ 100%

クローズ エルミタージュエリアの北部、ラルナージュ村に位置する区画で、この区画の個性がしっかりと表現できた年にのみリリースされるスペシャルキュヴェ。ノーマルキュヴェよりもミネラル感がしっかりとしており、果実味に芯がありリッチな味わいとなっています。また飲み心地もスムーズで、コクのある料理との相性が特に良いワイン。

Saint Joseph Blanc / サン ジョセフ ブラン
産地:フランス コート デュ ローヌ地方
品種:ルーサンヌ 100%

コート デュ ローヌの白ワインというとボリューム感が強いばかりのもったりとした味わいのものをイメージされる事が多くありますが、このワインには驚くほどの美しい酸とミネラルがあり、その味わいには清涼感すら感じられます。これがサン ジョセフというアペラシオンの持つ真の個性なのかと胸をすくような味わいです。

Crozes Hermitage Rouge / クローズ エルミタージュ ルージュ
産地:フランス コート デュ ローヌ地方
品種:シラー 100%

ダール エ リボのスタンダードワイン。黒や紫系の果実の風味がいきいきと感じられ、スミレのような華やかな香りがグラスいっぱいに広がります。しっかりと凝縮した果実味としなやかな飲み心地のバランスが秀逸で、シラーが女性的な品種であるという造り手自身の言葉を体現した味わい。

Saint Joseph Rouge / サン ジョセフ ルージュ
産地:フランス コート デュ ローヌ地方
品種:シラー 100%

ダール エ リボにとって全ての要素でバランスの取れたラインナップといえるのがこのサン ジョセフ。ルネ ジャン ダールが父親から譲り受けたという、畑もこのサン ジョセフの中にあり、ひときわ想いを込めてワイン造りに当たっています。
クローズ エルミタージュの果実味をより深く、よりタイトにした、締まった味わい。骨格もあり、ボディもあるが、近年のダール エ リボの最大の特徴である緻密なフレーバーやシルキーな口当たりは健在で風格とシラーの女性的な美しさを感じさせるワイン。


北ローヌの地で、自然派ワインを代表する生産者として知られるダー エ リボ。当主のルネ ジャン ダールと数十年来の友人でありパートナーであるフランソワ リボの二人によって運営されるドメーヌです。ワインの評価も非常に高く、多くの自然派ワインファンを魅了しています。その一方で、権威的なワインジャナーリズムを嫌い、メディアへの露出が極端に少ないために、知る人ぞ知る存在であるともいえます。

「もう自然派ワインを代表する生産者と言われるのは、嬉しくないんだ。僕達は、ずっと昔から美味しいワインを造ろうと努力し続けてきたけど、ただ当たり前のことを積み重ねてきただけなんだ。」

「自然派ワイン」というカテゴリやスペックにこだわった挙句、「美味しいワイン」という本質を見失ってしまう生産者が散見される現状を、彼らなりの優しさで批判した言葉のようにも感じます。テロワールを表現しよう、その土地だけの個性を表現しようとした自然派ワインの多くが、なぜか没個性的な風味になってしまうのはどうしてでしょうか。それは、「手法」にこだわるあまりに「迷い」が生じ、結果としてワインの純粋さが損なわれてしまっているのではと考えられます。

ダール エ リボでは、シラーという品種の繊細な美しさとエルミタージュやサン ジョセフといった土地のテロワールを追求し、そのプロセスで、自然な栽培・醸造にたどり着きました。「自然派ワイン」それ自体が目的ではなく、「美味しいワイン」こそが、彼らの理想なのです。だからこそ、様々なクオリティのものが混在する「自然派ワイン」に分類されたくない、一緒にされたくないという想いに至ったのでしょう。

「僕達のワインは、自然派ワインじゃない。僕達のワインは、ダール エ リボのワインなんだ。」

栽培は、除草剤・化学肥料を用いないなどどこまでも自然な方法で行い、健全で完熟したブドウを得るための最適なタイミングで収穫を行います。醸造においても、自然酵母による発酵や、清澄・ろ過を行わないなど人為的介入を極力排し、ブドウの持つ本来の純粋さをワインに映しとります。瓶詰め時の亜硫酸も特別な事情の生じた年やキュヴェを除いて原則添加しません。

彼らのワインには、従来のシラーという品種やエルミタージュというアペラシオンが備えていた頑強でスパイシーなワインというイメージがありません。それは、従来のスパイシーなシラーというのは作られた個性であって、ブドウや畑本来の個性ではなかったからに他なりません。

「シラーは本来フェミニンな品種なんだ。強いシラーというのは無理に作られたイメージなんだよ。」

実際、最近のヴィンテージにおけるダール エ リボのワインは、非常になめらかで優しい果実味があり、品の良さを備えたエレガンスに満ちたワインとなっています。「ガチガチで10年も飲めないようなワイン」を無理をして造るのでは無く、より素直に、そしてより繊細にワインのピュアさや美しさを表現しています。



■■■今後の予定■■■
※2019年1月以降の詳細情報は、ボナペティブログにて随時更新しております。