TEL:0422-76-1363 武蔵野市吉祥寺南町2-8-8 3F
ボナペティ・吉祥寺、Bon Appetit Kichijyoji


































































































































◆ ボナペティ主催 Vin de Nature会
      〜郷土色豊かな自然派ワイン〜 ◆

2015年から開催致しております「ボナペティ主催 月例ワイン会」の一環として、身体に優しくテロワールを大切にした自然派ワイン・Vin de Nature会を、新たに2018年4月より毎月第4水曜日(7時00分〜9時30分)に開催致します。会費のおよその目安は10000円〜13000円を予定しております。
どうぞ皆さま(お一人様でもぜひ!)のご参加をお待ちしております。ご予約はお早めに!

☆年間を通してのご予約も承っております。その場合も、会費のお支払は毎回ご参加の際に頂いております。
基本的にキャンセル料は頂いておりませんので、キャンセルされる際はお早目にお知らせください。
                                                   (担当:岡部)


‐‐‐‐‐‐‐ 6月・第3回のご案内 ‐‐‐‐‐‐‐
第3回テーマ: 「南フランス」

メインテーマ:〜  南仏のスター・ドメーヌ:ゴビー 〜

 Gauby / ゴビー 最高峰に登り詰めた 偉大なる挑戦者
 ドメーヌ ゴビーは、ルーションのなかでもスペイン国境に近い辺ぴな場所で、90年代半ばにセンセーショナルなほどの名声を勝ち得た南仏のスタードメーヌです。名声を勝ち得た当初は、力強い凝縮感と骨格のたくましさが特徴のワインでしたが、現在は力強さとデリケートさのバランスに優れたエレガントなスタイルとなっています。

 その秘密は所有する畑にあって、南仏にありながら標高の高い丘陵地に位置しており、そのため気温の過度な上昇を避けることができます。また海や山から吹きつけ、吹き抜けていく風が湿気を取り去り病害を防ぐ一助になっています。これらによってフィネスや上品な酸をともなって成熟したブドウは、化学肥料や除草剤などを排した自然な栽培によって育まれ、醸造中は亜硫酸(酸化防止剤)を用いずブドウの自然な美味しさをいかした造りがなされています。
 
 またゴビーの所有する起伏に富んだ畑は、区画毎の立地条件が大きく異なり、ミクロクリマ(微小気候)の影響も合わさって、際立った特徴のブドウが育ちます。ゴビー氏は、その個性をいかすよう、「単一畑」ごとに区別して造ったワインをリリースしています。

 ドメーヌ ゴビーのワインは、ルーションのみならず南仏最高の強さと繊細さを持ったワインとして大変な注目を浴びており、今やルーション地方ワインの品質アップを目指す若手生産者の旗手となっています。近年はジェラール氏のご子息がワイン造りに参画し、以前の濃縮感のあるスタイルからエレガントさとふくよかさのバランスに優れたスタイルへと進化をとげています。

 栽培総面積は約40ha。 化学農薬・化学肥料不使用の自然環境を尊重した「テロワールの風味」をそのままブドウに表現する栽培を実践。ブドウ樹の樹齢が高く、他に類を見ない旨みを生み出します。収穫は、全て選果しながらの手摘み。積んだブドウを潰さないようプラスティックケースにいれて運搬するなど、その丁寧な仕事は完璧。
自然に醸された土地の個性をぜひお楽しみ下さい。


  
・・・当初、6月27日(水)は「ラングドック・ルシヨン」をテーマに掲げておりましたが、
  ボナペティのセラーから掘り出し物が見つかりました
ので、テーマを「南フランス」に広げて
  開催いたします。三本のワインを追加してご紹介いたします。共にボナペティのセラーで寝かせた
  貴重なものです。



 
Le Clos du Caillou /レ・クロ・デ・カイユ
 もともと狩猟用の山でLe Clos(ル・クロ)と呼ばれたこの土地のオーナーは、1930年代AOCのエリア選定に訪れた役人に対してライフルで武装し立ち入りを拒否、結果シャトーヌフ・デュ・パプのアペラシオンから除外されたという経緯があり、その区画は現在コート・デュ・ローヌとして生産されている。

 この山の土壌に目を付け、森を切り開き、そこにブドウを栽培し始めたのが、現当主シルヴィ・ヴァシュロンの父、クロード・プイザン。1956年にワイナリーを設立。1970年代最初の瓶詰めが行われ、その後26年間クロードの妻コレットとともに国内、国外へ販売を成長させていきます。1996年に二人の末娘シルヴィ・ヴァシュロンとその夫サンセールのドメーヌ・ヴァシュロンの長男ジャン・ドゥニ・ヴァシュロンがワイナリーのマネージメントを引き継ぐため、サンセールからこの土地に入ります。このヴァシュロン家もまたサンセールを代表するワイナリーとして知られています。夫妻はブドウのオーガニック栽培に着手し、収穫高を削減するとともに、キュヴェ・トロンコニック(開放式の大型オーク醗酵樽)を導入し、マセラシオン・カルボニックをやめ、除梗を行い、醗酵後のマセラシオンを延長し、以前よりも小型のオーク樽で熟成を行うなど、根本からセラーを作り変えました。

 ヴァシュロンが婿に入って、高い評価を受けることになりましたが、ジャン・ドゥニは2002年3月に交通事故で亡くなってしまいました。彼の死後は妻のシルヴィが受け継いでおります。AOCシャトーヌフ・デュ・パプの北東部、AOCのトップドメーヌでもあるシャトーラヤスやボーカステルと隣接する区画に畑をもち、高い評価を受ける赤、白、ロゼを作っています。 ヴォクリューズの丘の小石が混じった砂質な土壌は、ワインに上質な味わいを与えます。土壌は、雨によって濾過され、陽光を浴び、北風によって浄化されることによって、最高のテロワールになります。草を刈る際も除草剤などを使用せず自然に寄り添いながらブドウを育てています。2010年ヴィンテージよりビオ認証を取得しましたが、クロ―ド・プイザンにより1950年代から自然環境の整った状態でのワイン造りを行ってきました。現在は一部のブドウ畑でビオディナミ農法を取り入れ、また今後全ての畑を移行させることを目指しています。

 今回ご用意したワインは、今は亡きジャン・ドゥニが手掛け、ドメーヌの評価が一気に高まった時代のものです。二度と飲むことのできない貴重な最後の一本。20年の瓶熟で飲み頃のローヌの奥深さを感じる絶好の機会です。


 
Eric Texier /エリック・テキシエ
 自然派ワインを手掛けるローヌの新星 エリック・テキシエは1995年創業の新しい造り手です。エリックは1961年ボルドーに生まれイリノイ工科大学で物質科学を学び、レジャー産業や原子力産業に従事した後、1990年にワインの仕事に就くことを決意し、92年にボルドー大学に入りなおして、ブドウ栽培学と醸造学を正式に学びました。彼の信条は自然のサイクルを大事にして、機械耕作や殺虫剤を使わない栽培者からのみブドウを購入することにあります。また自社畑ではビオディナミ農法を実践するなど自然派ワインの作り手として評価されています。現在は南北問わずローヌ地方の約25種類のワインを作り、世界10カ国以上に輸出されています。

 Cotes du Rhone Brezeme /コート・デュ・ローヌ ブレゼーム
 Shyrah 100%

 Brezeme(ブレゼーム) はヴァレンスの18Km南にあるリヴロン・シュル・ドローム近くにある小さな栽培地域です。急斜面の麓にあり、角礫、岩が多く、粘土と石灰質土壌からなります。エコセールによりビ オディナミ認定された自社畑のブドウを使っています。テキシエのフラッグシップ・ワインです。 こちらも20年近く熟成された希少な一本です。


 Les Jardins de Babylone / レ ジャルダン ド バビロン
 産地:ジュランソン(フランス 南西地方)
 品種:プティマンサン 100%
 「バビロンの庭」と題されたジュランソン地区で造られる甘口ワイン。故ディディエ・ダグノー氏が、究極の甘口ワインを目指して行き着いた地がこの畑でした。このワインを生み出す畑を管理するのは、ディディエ・ダグノー氏と旧知の仲であったギイ・ポトラ氏。ダグノー氏を彷彿とさせるワイルドな風貌ですが、心優しい人物です。ワインは、この地域特有のプティマンサンという品種を用いて造られます。グラスから溢れんばかりの豊かな風味を持ち、ひとたび口に含むと気高い甘みに魅惑され、さらにその日一日中続くのではと思うほどの長い余韻が楽しめます。まさにダグノー氏が目指した「究極」と呼べるデザートワインと言えます。

 ピレネー山脈の麓にあるテラス状の畑で土壌は礫岩(プディング土壌)、広さは約3haになります。葡萄の樹齢は約18年、南西、南東、南向きの畑に様々な土着品種が植えられています。2004年から造り始めたアイテムで、500mlボトルを使用、新樽での醸造や瓶詰はジュランソンで行い、ラベル張りはプィィ フュメで行います。味わいはかなり甘口で濃厚ですが、酸もしっかりあってバランスがとれており、複雑さも感じられます。貴腐葡萄を使っているわけではなく、葡萄の房を干し葡萄状にし、糖分を凝縮させてから収穫しています。



日時:6月27日(水)7:00PM〜9:30PM(受付開始/6:40PM〜)
   ご予約承り中!

会費:10000円(ワイン・お料理・消費税、込)

    ※ワイン会のお支払いは現金にてお願い致しております。

ワインリスト(予定):
* Vin Blanc *
 2005 Domaine Gauby Coume Gineste

* Vin Rouge *
 2005 Domaine Gauby Muntada
 1999 Eric Texier Cotes du Rhone Brezeme
 1998 le Clos du Caillou Cotes du Rhone Vieilles Vignes


* 甘口ワイン *
 2012 Dagueneau et Pautrat Jurancon Les Jardins de Babylone


料理:
 ワインに合わせた特別コースをご用意致します。ご期待ください!



■■■今後の予定■■■

7月・第4回
 7月25日(水) 『日本ワイン』

8月・第5回
 8月22日(水) 『ロワール』

9月・第6回
 9月26日(水) 『ローヌ』

10月・第7回
 10月24日(水) 『日本ワイン』

11月・第8回
 11月28日(水) 『ボージョレー』

※12月の会はお休みです。

1月・第9回
 2019年1月23日(水) 『ロワール』


2月・第10回
 2019年2月27日(水) 『ローヌ』