TEL:0422-76-1363 武蔵野市吉祥寺南町2-8-8 3F
ボナペティ・吉祥寺、Bon Appetit Kichijyoji


































































































































































































































































































































































































































◆ ボナペティ主催 Vin de Nature会
      〜郷土色豊かな自然派ワイン〜 ◆

2015年から開催致しております「ボナペティ主催 月例ワイン会」の一環として、身体に優しくテロワールを大切にした自然派ワイン・Vin de Nature会を、新たに2018年4月より毎月第4水曜日(7時00分〜9時30分)に開催致します。会費のおよその目安は10000円〜13000円を予定しております。
どうぞ皆さま(お一人様でもぜひ!)のご参加をお待ちしております。ご予約はお早めに!

☆年間を通してのご予約も承っております。その場合も、会費のお支払は毎回ご参加の際に頂いております。
基本的にキャンセル料は頂いておりませんので、キャンセルされる際はお早目にお知らせください。
                                                   (担当:岡部)


‐‐‐‐‐‐‐ 9月・第6回のご案内 ‐‐‐‐‐‐‐
テーマ: 「ローヌ地方」

メインテーマ:〜 エルヴェ・スオー 〜


 
Herve Souhaut

 パリ出身のエルヴェ スオー氏は、コルナス最高の自然派生産者ティエリー アルマンで基本的なワイン造りの修行をし、その後、同じ北ローヌの優れた生産者であるダール エ リボでも研修をしています。1993年からベアトリス夫人の経営するドメーヌ「ロマノー デストゥゼ」を引き継ぎ、ワイン造りを始めました。 彼はローヌの地で、先述した生産者同様に志の高い自然派ワインを造る、優れた生産者です。

 もともとこの醸造所は、エルヴェの奥様であるベアトリスの実家が所有していたものです。門構えも立派ですし、醸造所自体も趣のある歴史ある風情です。中に入ると、ワインのストックヤードは、空調によって温度管理されており完璧。室内や醸造設備も実に清潔で、エルヴェ スオーのワインの美しさや清涼感も納得です。樽での熟成を行うセラーのほうは、天然のセラーとなっており、空調などを必要としません。まさにワインを造るのに理想的な環境といえるかもしれません。この醸造所では、エルヴェ スオーのワインの他にルネ ジャン ダールが運営する美味しいもの専門商社「レ シャン リーブル」のワインも造られています。公私共に大の仲良しであるルネ ジャンとエルヴェが、遊び心満載の美味しいワインをあれこれと相談しながら造り続けています。このワインも2人の研究と情熱の成果か、年を追うごとに完成度が増しており、彼ら自由な発想がどんどんと現実のものとして造り上げられています。

 訪れたのが、異常気象で雨や雹の被害が連日伝えられた2007年ヴィンテージですが、このようなヴィンテージでは、生産者の実力や信念が、畑の様相から容易に見て取れます。除草剤を用いてパサパサになった土に、多量の農薬散布の結果として不健全なほど深い緑色をした葉、ブドウの実自体は病気こそありませんが、美しさや品の良さを見て取れません。このような畑がある一方、ビオディナミやビオロジックなどの手法に固執するあまり病害に襲われ、無残な姿をさらす畑もあります。しかし、私達が信頼する、自然派生産者の畑に目を向ければ、病気の葉なども一部に見られますが、ブドウの外観も美しく、土の色も健全で、美味しいワインが、ここから、この畑から生まれるということを改めて感じさせてくれます。彼らは、安全 安心な健康食品を作っているわけでなく、またビオディナミなどの手法によって、容易にワインが美味しくなるわけでないとも考えています。常により良いブドウ、より美味しいワインを生み出すために自然と向き合い、語り合い、最良の方法を模索し続けているのです。

 ロマノー デストゥゼでは、栽培は除草剤や化学肥料を用いず、トラクターを使って除草を行います。しかし、多くの労力と情熱を費やした畑仕事もさることながら、アルデシュの雄大な自然と調和したその畑の持つポテンシャルは何にも代えられない素晴らしさがあります。醸造においては、自然酵母による発酵後、木樽に移しおよそ翌年の収穫前まで熟成させます。瓶詰め時においても還俗亜硫酸は一切使用せず、醸造中の補糖なども当然ありません。ノンフィルタ(無濾過)、ノンコラージュ(無清澄)で造られる彼のワインは、自然そのものの旨みを引き出しています。(野村ユニソン)


日時:9月26日(水)7:00PM〜9:30PM(受付開始/6:40PM〜)
   ご予約承り中!

会費:11500円(ワイン・お料理・消費税、込)

    ※ワイン会のお支払いは現金にてお願い致しております。

ワインリスト(予定):
* Vin *
 NV  Les Champs Libres/レ シャン リーブル Saint Peray Methode Traditonnelle
 2007 Dard et Ribo/ダール エ リボ St.-Joseph(Roussanne)
 2007 Dard et Ribo/ダール エ リボ Crozes-Hermitage(Marsanne)
 NV  Ozil/オジル Gourvel
 2008 Herve Sohaut/エルヴェ・スオー St.-Joseph(Syrah)
 2007 Herve Sohaut/エルヴェ・スオー St.-Joseph(Syrah)



料理:
 ワインに合わせた特別コースをご用意致します。ご期待ください!


Dard & Ribo
 繊細な人柄と どこまでも深い優しさを 映し取ったワイン

 北ローヌの地で、自然派ワインを代表する生産者として知られるダー エ リボ。当主のルネ ジャン ダールと数十年来の友人でありパートナーであるフランソワ リボの二人によって運営されるドメーヌです。ワインの評価も非常に高く、多くの自然派ワインファンを魅了しています。その一方で、権威的なワインジャナーリズムを嫌い、メディアへの露出が極端に少ないために、知る人ぞ知る存在であるともいえます。

 「もう自然派ワインを代表する生産者と言われるのは、嬉しくないんだ。僕達は、ずっと昔から美味しいワインを造ろうと努力し続けてきたけど、ただ当たり前のことを積み重ねてきただけなんだ。」

 「自然派ワイン」というカテゴリやスペックにこだわった挙句、「美味しいワイン」という本質を見失ってしまう生産者が散見される現状を、彼らなりの優しさで批判した言葉のようにも感じます。テロワールを表現しよう、その土地だけの個性を表現しようとした自然派ワインの多くが、なぜか没個性的な風味になってしまうのはどうしてでしょうか。それは、「手法」にこだわるあまりに「迷い」が生じ、結果としてワインの純粋さが損なわれてしまっているのではと考えられます。

 ダール エ リボでは、シラーという品種の繊細な美しさとエルミタージュやサン ジョセフといった土地のテロワールを追求し、そのプロセスで、自然な栽培・醸造にたどり着きました。「自然派ワイン」それ自体が目的ではなく、「美味しいワイン」こそが、彼らの理想なのです。だからこそ、様々なクオリティのものが混在する「自然派ワイン」に分類されたくない、一緒にされたくないという想いに至ったのでしょう。

 「僕達のワインは、自然派ワインじゃない。僕達のワインは、ダール エ リボのワインなんだ。」

 栽培は、除草剤・化学肥料を用いないなどどこまでも自然な方法で行い、健全で完熟したブドウを得るための最適なタイミングで収穫を行います。醸造においても、自然酵母による発酵や、清澄・ろ過を行わないなど人為的介入を極力排し、ブドウの持つ本来の純粋さをワインに映しとります。瓶詰め時の亜硫酸も特別な事情の生じた年やキュヴェを除いて原則添加しません。

 彼らのワインには、従来のシラーという品種やエルミタージュというアペラシオンが備えていた頑強でスパイシーなワインというイメージがありません。それは、従来のスパイシーなシラーというのは作られた個性であって、ブドウや畑本来の個性ではなかったからに他なりません。

 「シラーは本来フェミニンな品種なんだ。強いシラーというのは無理に作られたイメージなんだよ。」

 実際、最近のヴィンテージにおけるダール エ リボのワインは、非常になめらかで優しい果実味があり、品の良さを備えたエレガンスに満ちたワインとなっています。「ガチガチで10年も飲めないようなワイン」を無理をして造るのでは無く、より素直に、そしてより繊細にワインのピュアさや美しさを表現しています。


Ozil
 「兄弟二人三脚、自然体で向かう無謀な挑戦」

 ジェローム ジュレ、ジル アゾーニ、マゼルなど名だたる造り手達が活躍するアルデッシュ地区。もっともアルデッシュと一言で言ってもその範囲は広大で、彼らが活躍するのはアルデッシュの中でも南のエリア。この場所は、ワイン産地としては辺境の辺境。テロワールというヒエラルキーではもっとも裾野に位置するとされた場所で、大手ネゴシアンや協同組合にブドウをkg単位で売るしか選択肢がなかったエリアでした。しかし、選択肢が無いと言うことは、失うものがないという意味でもあり、自らの信念に添って人生を賭けたワイン造りに取り組む生産者が一人、また一人と登場します。その先駆者はレザン エ ランジュのジル アゾーニ氏であり、ドメーヌ マゼルのジェラール ウストリック氏です。そして2006年に自然派ワイン造りをスタートさせたジェローム ジュレの登場によってこの地域は一気に活気を帯び始めました。

 当初は、素朴で自然な味わいが魅力のワインを造っていたジェローム ジュレでしたが、その進化のスピードは脅威的で年を追うごとにその香り、味わいにはエレガントさをまとうようになり、ある種の色気を感じさせてくれるまでに成長します。そして今やフランスをはじめ世界中で大人気の造り手となりこの地域を代表する生産者となりました。
このジェローム ジュレの成功は、地域の若手生産者にとってのモデルケースとなります。ドゥ テール、ロ マス ド レスカリダ、シルヴァン ボックともともと協同組合にブドウを売るなどしていた栽培農家の新しい世代の造り手たちが自然派ワイン造りに挑戦し、ジェローム ジュレやジル アゾーニ、ジェラール ウトリックなどがワイン造りの指導や販売先の紹介など地域コミュニティをあげてサポートをしていきます。その結果、アルデッシュ地区は自然派ワインの一大産地となり、ホットスポットとなったのです。

 2013年にトマとジャン=ダニエルのオジル兄弟によってはじめられたドメーヌ オジルもこのアルデッシュの潮流の中で生まれた新しい自然派ワインの造り手です。彼の父親は、典型的なこの地域の栽培農家で、ブドウのみを栽培してそれを協同組合に売っていました。しかし近年は、協同組合の倒産や低価格な新世界ワインの台頭によるネゴシアンの販売不振などの影響もあり、栽培農家として生計を維持するのが年々厳しくなっています。そんな中、息子のトマ オジルは、近隣のジェローム ジュレやジル アゾーニの成功を見て、自分たちの代では自然派ワインを造るんだという意志を固めて行きます。トマはまずジェローム ジュレの下でワイン造りを学び、そして独立前にはジル アゾーニの下でも研修を重ねます。特にジル アゾーニの息子であり、現在は引退したジルの後を継いでワイン造りを手がけるアントワンヌ アゾーニとオジル兄弟は、同世代ということもあって親交が深く、切磋琢磨しながら先駆者達の経験と知識をしっかりと吸収して、初ヴィンテージからキラリと光る魅力の備えたワインを生み出しています。

 とは言え、協同組合などにブドウを販売するというスタイルは、いまだにこの地域の栽培農家の典型的な仕事の仕方であり、彼らのような自家瓶詰めで、しかも自然派ワインを手がけるのは異端中の異端です。その一端を垣間見たのは彼らのドメーヌを初めて訪ねた時でした。

 彼らの醸造所がある村の近くまで辿り着いたものの例によって場所がわからず連絡すると、ミニバイクでさっそうと迎えに来てくれたのはトマ オジル。20代後半か30代になったばかりといった感じの若々しい風貌です。醸造所に着くと彼の父親も迎えてくれました…が、簡単な挨拶の言葉を交わしたものの、その後はじっと私たちを値踏みするように押し黙ったまま見つめるだけ。試飲を始めても、ずっとついてくるにも関わらず会話に参加するわけではありません。唯一の例外はタンクに入ったシラーを試飲した時の事、若干の還元的なニュアンスがあったのですが、「この臭いは何日後かに飲むと気にならなくなるよ」と突然フォロー。もちろん瓶詰め前のワインが還元的なニュアンスがあるのは私たちにとっては意外な事でもなかったのですが、息子を心配するあまりか思わず発した言葉が「還元香へのフォロー」でした。この瞬間に、様々な事がすっと理解できました。

 彼らの父親としては、リスクある自家瓶詰めやましてや自然派ワイン造りに挑戦しようなどは荒唐無稽で無謀な話。ビオロジックで栽培し、自然酵母で発酵、厳密な清澄も濾過もしないで、亜硫酸も添加せずに瓶詰めというワイン造りは完全に理解を超越しています。自分の息子たちが近隣の変人にたぶらかされて変なワイン造りを始めてしまったと心配になっても不思議ではありません。そして、醸造所にワインを買い付けに訪問してくるのは怪しげな東洋人達(私たちの事です)。濁ったワインや還元したワインを試飲しながら、「これは良くなりそうだね。これはピュアな味わいがする。」などと話している訳ですから訝しがって当然です。そもそも自家瓶詰めをしなければ、訪問客が来ることもありません。息子たちの無謀(に映る)挑戦によって仕事を取り巻く環境が180度変わった訳です。

 対してトマとジャン=ダニエルの兄弟は、とても自然体です。特に気負ったところもなく、当たり前のことを当たり前に積み重ねていくといったスタイル。初年度は自由にして良いと許可を得た2.5haほどの面積でビオロジック栽培に転換、自然酵母による発酵、瓶詰め時の亜硫酸無添加など、さすがはジェローム ジュレとジル アゾーニに鍛えられただけあって「リスクヘッジ」などのない直球の自然派ワインスタイルを貫きます。仕上がったワインは、派手さこそありませんが素朴さとピュアさ、なめらかな口当たりに余韻の美しさと、まさに南アルデッシュの自然派ワインスタイルでした。

 2014年の3月にマルセイユで行われた南フランスのスター生産者が集まる試飲会「ラ ルミーズ」で、ジル アゾーニのブースの一画を借りてお披露目された彼らのワインは、来場していたパリのカヴィストやソムリエ達の間でも「あれ飲んだ?凄くイイね。」とすぐに噂にのぼります。実際、初ヴィンテージとなる2013年の各ワインは、まだまだ荒削りなところこそありますが、味わいは非常にピュアで果実味もしなやか。ジル アゾーニのワインやジェローム ジュレのワインにも通じるしなやかな飲み心地があり非常に好感の持てるワインたちでした。彼らのワインから感じる素朴だけれでもやり切っているという印象は、このさらに7年前の2007年に「ディーヴ ブテイユ」という試飲会で、この時と同じくジル アゾーニのブースで出会ったジェローム ジュレの初ヴィンテージを彷彿させるものでした。

 まだまだ若く、可能性に満ちたオジル兄弟。彼らのワインが多くの人に認められるに伴って父親も態度を軟化させ、彼らに自由に任せる畑の面積を徐々に増やしていると言います。これからさらに経験を重ねて、畑も広がり、ワインもどんどんと成長・安定してくるはずです。南アルデッシュの新世代のスターの誕生を皆様と一緒に見守って行きたいと思います。(野村ユニソン)




‐‐‐‐‐‐‐ 10月・第7回のご案内 ‐‐‐‐‐‐‐
テーマ: 「日本ワイン」

メインテーマ:〜 曽我兄弟のワイン 〜


 日本ワインの世界で兄弟としては最も有名ではないかと思われる、曽我氏。兄・彰彦と弟・貴彦はそれぞれ長野と北海道にドメーヌを持ち、それぞれの信念を持ちワイン造りに勤しんでいます。二人の共通することは有機栽培と自然な醸造方法。先代から引き継いだ歴史あるワイナリーで様々な欧州品種でバラエティーに富んだワインを造る兄と新天地北海道でピノ・ノワールにこだわったワインを造る弟。二人のワインの飲み比べを是非お楽しみください!

Domaine Sogga
 明治大学卒業後、山梨大学の大学院ワイン研究センターで修士号取得すると、新潟のカーブドッチで栽培、醸造を学び、1997年フランス・ブルゴーニュ地方ヴォーヌ・ロマネ村クロフランタンの蔵と畑で修行、1998年フランス・ブルゴーニュ地方シャブリ村のロンデパキの蔵と畑で、修行。単身、なんのツテも無く渡仏し、2年間ブルゴーニュで修行し帰国した曽我彰彦が四代目を務める小布施ワイナリー。自らが栽培・醸造責任者を務め、自社ブドウによるワインをドメーヌ・ソガとしてリリース。昨今の安っぽい自然派ブームに辟易し、「ヴァン・ナチュレル」、「ヴァン・ビオロジック」の文字をラベルから外してしまうほどのこだわりを持ち、信念を持ってワイン造りを続ける創業1867年の長野県上高井郡小布施に位置する日本のブティックワイナリー。

Domaine Takahiko
 北海道余市町登地区でワイン造りをすることを目的に始まった家族だけで経営する醸造所を持つ農園。この畑には、ビオで管理されたピノ・ノワール(約9000本)が植えられており、農場の敷地内では、納屋を改造した小さなワイン醸造所もあり、独自の考えをもってワインを醸造している。ドメーヌ・タカヒコは、長野県の小布施ワイナリーの次男である曽我貴彦が2010年に設立。東京の大学で醸造学を学んだ後、大学で微生物研究者への道へ進むが、ワインの魅力が忘れられず、10年間、コファームワイナリーの農場長として働きながら、日本中、世界中のワイン産地を巡る。中でもジュラのオベルノワのワインに強く感銘を受け、そんなワインをイメージしたワイン造りをピノ・ノワールで目指したく、余市町で4.6haの農地を購入し、ドメーヌを設立。現在は13系統のピノ・ノワールを栽培しており、全てビオロジック(有機栽培)にて栽培。野生酵母、完全全房発酵が特徴であるため、色調は淡いものの、余韻が長く旨味を伴う香味は多く人を魅了する。2015年ヴィンテージより赤ワインにおいては亜硫酸を使用していない。農夫でなければ造れない、そんな自然なワイン造りを目指す。


日時:10月24日(水)7:00PM〜9:30PM(受付開始/6:40PM〜)
   ご予約承り中!

会費:12500円(ワイン・お料理・消費税、込)

    ※ワイン会のお支払いは現金にてお願い致しております。

ワインリスト(予定):
* Vin *
 2017 サンシミ シャルドネ  ドメーヌ・ソガ
 2016 飲マンデシ 白  ドメーヌ・ソガ
 2014 ヨイチ・ノボリ パストゥーグラン  タカヒコ・ソガ
 2013 サンシミ メルロ ムラサキ第一東農場  ドメーヌ・ソガ
 2013 サンシミ カベルネソーヴィニヨン ムラサキ第一農場  ドメーヌ・ソガ
 2014 ナナツモリ ピノ・ノワール  ドメーヌ・タカヒコ

料理:
 ワインに合わせた特別コースをご用意致します。ご期待ください!


小布施ワイナリー情報 (小布施ワイナリーH.P.より転載)
  いままで「ヴァン ナチュレル」「ヴァン ビオロジック」と冠していたワインが2013年8月発売のワインのラベルから「サンシミ」に事前通告なしで替えてしまいました。 自然派食品、自然派ワインという言葉が安易に使われるようになってしまった現在の日本。ぎりぎりまで神経をすり減らし、心を痛めながら虫を捕殺し、酷暑に倒れながら疫病から葡萄を守る我々のJAS有機または無化学農薬栽培を冒涜しているかのような「安易な自然派ワイン」に辟易した我々はラベルに「ヴァン ナチュレル」「ビオ」「自然派」を冠することがとても陳腐に覚え、辞めることにしました。 「味が自然派っぽいから自然派ワイン」「亜硫酸を使わないから自然派ワイン」「化学農薬を1回しか使っていないから自然派ワイン」「自然派っぽい格好の良い人が造っているから自然派ワイン」などのワインを世間が「自然派」として今後も受け入れられ続けるなら私達は邪魔者であるはずでこのワインの世界から去るべきなのでしょう。サンシミのワインだからすごいとか、サンシミのワインしかワインじゃないと言いたいのではありません。我々が守りたいのは名誉ではなく、農夫としての尊厳によるアイデンティティです。

○サン シミとは( Sans chimieフランス語)
Making wine and grapes without chemicals. sans(サン)は英語でwithout。chimie(シミ)は英語でchemical。すなわち「ワイン畑で化学的な農薬、肥料を一切使わない」という意味を込めています。有機栽培または無化学農薬栽培のこと。

※無化学農薬栽培は「有機栽培」と同じですが私達はJAS有機栽培認証を取得した畑のみ「有機栽培」と呼び、それ以外の有機栽培畑を無化学農薬栽培畑と区別して呼んでいます。



★有機栽培と無化学農薬栽培の実際
○使用した散布剤 1)硫黄ー石灰 合剤 2)ボルドー液(硫酸銅ー石灰 合剤)(この二つの薬は100年以上も昔から使われていた単純な構造のもの。葡萄の体内に浸透性能が無いため、雨風が吹くと流されて効果がなくなる。硫黄、銅、石灰は地球上に存在する物質であることと、残留性が無いため安心な薬として、有機農法やビオディナミなどに使用することを許されています)

○使わない散布剤  1)除草剤2)殺虫剤3)現代殺菌剤 (3種の散布剤(除草剤、殺虫剤、現代殺菌剤)とも有機化学合成農薬。主に浸透性能に優れ、葡萄の体に入り効果を表す農薬。残留性があります。そのため、有機栽培では使用を許されていません)


★私達の考える有機栽培の概念  ハーバーボッシュから紐解く
 20世紀に入ってからハーバー&ボッシュが大気中に大量に存在する窒素をアンモニアにする技術が開発されると、農業は飛躍的に進歩しました。19世紀以前は人糞や家畜の堆肥が日本農業の唯一の窒素源であったわけですが、その窒素が化学的に採れ、それが化学肥料となりました。現在では有機肥料というと家畜の堆肥を指しますが、その家畜は化学肥料によって造られたトウモロコシや麦などを食べて大きくなり糞をします。すなわち、現在の有機肥料は形こそ化学肥料ではないのですが、本来、地球上に存在するべき糞ではなかったのです。19世紀以前の地球上の窒素は豆科植物にすむ根粒菌と呼ばれる微生物が唯一、大気中に窒素を土の中に固定し、肥料とさせていました。また、根粒菌が窒素固定すると同じく、地球上では「脱窒」と呼ばれる作用、すなわち土から自然に大気中に窒素がもどる作業がおこなわれていて、大気中の窒素の地球の地表にある窒素のバランスは自然界で守られていました。それが20世紀に完全に崩れ去ったのです。極端な言い方をしますと「世界中の農地の大半は本来有るべきでない、窒素が沢山存在している」と言えます。私たちの畑を例にとりましょう。日本の農業が飛躍的に窒素系化学肥料を使うようになったのは戦後です。戦後まもなくは、世界大戦の傷跡癒えず、世界的な食糧不足が続いたので、この化学肥料は私達人間にとってその時期は必要不可欠なモノであったはずです。ただ、現在もこれだけの化学肥料が地球上に必要かと問われれば、必要とは言い難いものがあるのではないでしょうか。すなわち、私達は50年以上、不必要であったかもしれない化学肥料を畑に撒きつづけたことにより、ワイン畑の土は本来有るべきでない大量の窒素が存在することになります。人間のような理性が働かない植物は土中に栄養があれば摂取します。そうすることにより、葡萄の木はメタボリックになります。メタボの葡萄の木は人間と同じように病気にもなりやすいですし、害虫にもおかされやすくなる訳です。そこで殺虫剤や殺菌剤を撒きます。さらに、栄養が沢山あるのでたわわに実がなります。そうすることにより葡萄の色が不足するため着色促進剤を撒きます。農薬により病気や虫もこなくなりさらに葡萄に色が着色するようになるとなると、また人間は多収穫をめざして、再度、本来地球上にあるはずのない肥料(有機肥料も含む)を撒いてしまい、また農薬を撒くという連鎖をおこしているのかもしれません。残念ながら、窒素過多になってしまった土壌を元にもどすことは容易ではありません。私達は無力です。土を元にもどすことができる唯一の手段、それはそこに生える草木たちが時間をかけてゆっくり土の窒素(毒素?)を抜き取り浄化してくれるのです。私達が普段邪魔者扱いする雑草たちがその役目をはたしてくれています。


 瘴気(有毒ガス)が充満する「腐海」と呼ばれる菌類の森は実は、腐海の土を浄化していた、、、映画のようですね。ですので、私たちは、これからも有機肥料と化学肥料は撒かないつもりです。ただしすこしずつ本来の土に戻ったとき、そこで本来あるべき有機肥料(海外の穀物を食べる家畜でなく草原に生えている草だけを食べてそだった家畜の肥料がベストです)を撒こうと思っています。わたしたちもそんな滋味豊かなワインを造りたいとおもっています。

★ビオディナミ(バイオダイナミック)と有機栽培、無化学農薬栽培
 世界の自然派ワイン(vin naturel)には様々なモノがあります。ビオロジックは有機栽培、そしてビオディナミはルドルフシュタイナーの提唱した農法(生力学農法)。私たちが有機栽培を選んだ理由はまだ日本でのビオディナミ農法が確立されてなく、情報がヨーロッパから伝わるのみで、「月の動きや調合剤」のことで私は頭がいっぱいになり「葡萄と対話する」本質が見えなくなってしまうと感じたからです。しかしながら、ルドルフシュタイナーの述べていることは決して間違っているとは考えていません。かつて、古き良き日本で行われていた農法の一つであると考えます。シュタイナー教育が日本でも昔の親が普通に教育していたことと同じであるように。また「観察する」という理念はシュタイナー教育も同様ビオディナミや有機農法でも大変重要な言葉です。
私の考えるシュタイナー像があります。シュタイナーは私達農家のために、考えた農法がビオディナミなのでは。シュタイナーは農家の深い心理を読んだ農法と私は考えます。私達農家は真面目に葡萄の木達と向き合うとき、できるだけなにかを施してあげたいと考えます(生まれた子供にいろんなものを買ってあげたいと思う心境と同じです)。その気持ちが農薬散布や肥料散布につながっていきます。現在の私達の住む田舎は「肥料を撒かない農家はやる気のない農家」と思われます。同様、「農薬を撒かない農家はやる気の無い農家」とおもわれるのです。すなわち、葡萄が愛おしいからこそ、農薬を撒くという心境なのだとおもいます。私も現代的な農業者の気持ちはわからないわけではないです。葡萄たちをほったらかしていれば、私達は心配になります。なのでなにかお守り替わりとして、保険としてなにか散布したいのです。現代農業の農薬散布は 防除  という概念で撒かれます。すなわち予防という意味で散布します。病気が出る前、または虫がでる前に撒くわけです。この農家の心理を汲んで、シュタイナーはビオディナミ農法を考えたのではと私は考えます。農家は畑に散布したり撒きたいという気持ちをシュタイナーは理解していたのです。なので敢えて、501番などの調合材を撒くことを勧めているのではないでしょうか。私達農家は何かを撒くことで「救われ」ます。たとえ、それが実際効能がなくとも(効果はあると思いますが、無かったとしても)シュタイナーさんがこれを撒けば大丈夫といわれれば撒いて安心します「プラセボ効果」。肥料も沢山撒きたくなるのですが、敢えて牛の角に牛糞をいれると効果があることを農家に諭すと私達はそこに救いをもとめて角に牛糞を詰め込んで翌年撒きます。角に入る牛糞の量は限られています。私達人間は葡萄たちのためと思って肥料を沢山いれたくなる心理をシュタイナーは理解していたのです。沢山撒けは葡萄がメタボになってしまうかもしれないので、ほどほど撒くように教えてくれているのだと私は考えます。信じるものは救われる。私達の不安をシュタイナーは農薬ではなく、調合材でいやしてくれているのではないかと感じています。そんなことを考えれば改めてシュタイナーの偉大さを感じます。調合剤に頼らず、何かを施さないと不安でならないという気持ちを絶ち、自らの意志を強く持ち葡萄の木の観察を冷静にできるようなビオディナミ農法になるとそれは有機農法といえるのではないかとおもいます。



ドメーヌ・タカヒコ情報
  濃くて余韻が長いワインの世界より、繊細(薄い)ながらも深く幅があり、余韻が長いワインの世界に魅力を感じております。まるで品質の高いお出汁の世界に似たものをワインに求めております。そのようなワインを日本で描くには、水捌けの良い火山性土壌と適度に雨が降る風土で育ったピノ・ノワールであることが大切です。それも暖かいエリアでなく涼しい気候エリアで・・・。他の品種においても可能性があると思いますが、多くの品種を扱える器用な人間でないため、ピノ・ノワールのみに一生をかけ、理想の世界を探し求めていきたいのです。
現在、少量ですがご近所の農家からもブドウを購入しており、そのブドウから造られたワインのラベルには、ドメーヌ名が明記されておらず、私の名前「Takahiko Soga」が明記されております。

ドメーヌの農場は、余市町登地区にある標高60mの丘の上にあります。地質学的特徴は安山岩または火砕岩の母岩の上に風化した礫、砂、粘土(火山性)が混ざりあった水はけの良い場所です。余市は、暖かい海水の影響を受けているため、一年を通じて北海道の中でも比較的温暖エリアに属し、降水量も少ない場所として、昔から果樹と漁業の町として栄えてきました。海が近いと塩害を心配なされる方もおりますが、岬や山に囲まれた特殊な地形を有しているため、塩分を含んだ潮風が農場まで吹き込むことは、まずありません。また、生育期間中は内陸の羊蹄山麓から吹いてくる乾いた南西の風が主となるため、病害などが発生しにくい恵まれた気候条件でもあります。
一方、そんな土壌や気候の農場で、自然な農業とワイン造りを実践するため、ワインブドウは、全てビオロジック(有機栽培)で管理し、基本、ピノ・ノワールしか植えられておりません。ピノ・ノワールのみを栽培することは、様々な面で非常にリスクを伴うのですが、この地での可能性の高さと品質の方が勝ると私は考えております。
 私の農業の思想は、継続可能な農場です。 現代の化学農薬に頼った農法は、おそらく続かないと思っております。また、化学農薬がないと育たない葡萄を栽培して、テロワールなどと言って良いのでしょうか?限りなく自然な栽培が続けられてこそ、テロワールが反映されるものだと私は考えております。多量の化学農薬を散布して栽培し、素晴らしいものが造られたとしても、それは本当の意味でテロワールを反映していると私は考えておりません。しかし、農業と言うものは必ず人間が手を加えるものです。人間が手を加えれば、必ず自然は変わってしまいます。それをしっかり理解していなければなりません。自然とどのように接し、どう向き合い、そして、どこまで手を出すべきか?その答えは今でも見つかっておりませんが、自然を敬い感謝しする気持ちは、絶対に忘れるべきでないと思います。もしからしたら、どうしても化学農薬に頼らなければ栽培できない状態になったときは、その品種はその地で無くなって行くべきなのかもしれません。

 醸造はタンクに直接葡萄を入れ、酵母を添加することなく自然な発酵が起こるのを待ちます。瓶詰まで亜硫酸も使いません。言葉で言うのは簡単ですが、これが難しく恐ろしいことでもあります。ピジャージュは初期に足で軽く行いますが、その後発酵が激しくなるまで基本的に何も行いません。そっと、見守っているだけです。発酵が激しくなり始めた頃、ようやく数回、激しく足でピジャージュを始めます。キュベゾーンは26日間、これがポイントです。発酵が終わったら旧式のヴァスランでプレスを行った後、重力でワインを樽へ移します。私の醸造の基本的な考えは、できるだけ何もしません。自然にまかせた発酵を行うだけです。教科書で醸造するのでなく、感性で醸造を行う造り手です。
 私の醸造の考えの基本は昔しに戻ることです。現在の最新の乾燥酵母、最新の除梗破砕機、最新のステンレスタンク、最新のろ過装置、最新の清澄剤などが、職人としての感性を奪い、ワインから哲学やテロワールを奪ったと私は考えております。熟した葡萄が収穫されれば、ワイン造りにおいて小手先は必要ないのです。ワインは畑で造られるものであり、工場で造られるものではありません。ですから、私のワイン造りは、そのまま除梗を行わず、全房で仕込みを行います。ポンプなどを出来る限り使わず、バケツや重力でワインを移動させます。亜硫酸は瓶詰するとき、おまじない程度に添加するだけです。また、基本的に古樽しか使用しません。培養酵母や清澄剤、過材も用いません。ですから、私のワインは僅かに濁っていることがあります。




■■■今後の予定■■■
11月・第8回
 11月28日(水) 『ボージョレー』

※12月の会はお休みです。

1月・第9回
 2019年1月23日(水) 『ロワール』


2月・第10回
 2019年2月27日(水) 『ローヌ』