TEL:0422-76-1363 武蔵野市吉祥寺南町2-8-8 3F
ボナペティ・吉祥寺、Bon Appetit Kichijyoji


































































































La Salle de Culinaire BonAppetit ボナペティ料理教室
【ボナペティ料理教室の継続実施について】

 料理教室について暫くお休み致しますとのご案内を差し上げましたが、皆様からの再開を!とのお声を沢山頂き、今月4月17日(第3月曜日)11時30分から継続実施することになりました。
※第3月曜日が
祭日の場合には第2月曜日に変更になります。

 担当シェフはボナペティの創始者であり、現在も指導頂いております前田シェフが担当させて頂きます。前田シェフはボナペティの前身であるフランス料理「壺厨房」のシェフとして多くの料理人を育て上げ、旬の自然食材を大切にする料理人としてテレビ・雑誌等でも紹介されてきた方であり、私の最も尊敬する料理人でもあります。どうぞよろしくお願い致します。(西澤)



■耀きの食卓 第5回 8月メニュー■

日時 2017年8月21日(第3月曜日) 11:30AM〜2:00PM
    (11:20AMより受付)

定員 15名
会費 5000円(込々)
担当 前田勝之シェフ
連絡担当 西澤
連絡先 ボナペティ TEL:0422-76-1363


 

 
主題:食欲増進 → 暑さにメゲナイ。塩とハーブ
 
要素:岩塩、香草、香辛料 →地鶏、冷麺

 前菜

  ・・・

 スープ
  ・・・

 料理
  ・・・

 デザート
  ・・・




以下は「婦人の友社」に連載された前田シェフ紹介欄からの一部抜粋です。

”・・・2003年度から本誌カラーページで、日本の自然の恵みにこだわり、慣れ親しんだ食材に新鮮な驚きと喜びを発見するレシピの連載が始まる。レストランを中心に、シェフの経験は35年になる。
 何より大切にしてきたのは「対話」を中心に据えた料理。素材と対話し、食してくれる人との対話を重んじる。作り手は、そのようにして育てられるということを信条としてきた。
 「料理が主役であってはならないと考えてきました。主役はあくまでもお客さま。料理を囲んで会話がはずむ。そんなきっかけになれば」と。
 「料理には、神さまから与えられた素材に自分の意思を絡ませていく、そんな面白さがある。自分が生きてきた経験を総動員して、いかにおいしく食べていただくか。その人が背負っているすべてを盛り込むわけですから。」
・・・”



写真:レッスン中の様子
 


・・・耀きの食卓・・・

■2017年のテーマ■
・おもてなし料理 − 友人と食べる、家族で食べる。
・素材との対話 − 美味しい時を知る、美味しさを広げる、感謝して使い切る。
・調理法に学ぶ − 食の多様化 → 応用


■今後の日程表■
*以下のような構成要素を素材に見る、調理法による違いなどを体験することを目的とする。また、料理構成は前菜(スープ等を含む)・主菜・デザートを基本とする。

9月
11日(月) (※第3月曜日が祭日の為、第2月曜日開催となります。)
主題:素材との対話 → 天然と栽培種の違い。茸の旨味を探る。
要素:ドゥクセル、薬効、秋きのこ、牡蠣

10月16日(月)
主題:クレープが語るノルマンディー。そば粉・乳製品
要素:調理法に学ぶ → 穀類の粉を知る → 応用。仔牛、ハム、フロマージュ

11月20日(月)
主題:素材との対話 →天然と栽培種の違い。ドゥクセル
要素:茸の旨味を探る →薬効、秋きのこ、牡蠣
※決まり次第お知らせします。


12月18日(月)
主題:調理法に学ぶ → 甘さを引き出す。下仁田葱、根菜類
要素:下仁田葱のキッシュ、すき焼きだけではない

2018年1月15日(月)
主題:蓄えられた旨味を知る。大根、地鶏腿肉
要素:大根と地鶏のブイヨン煮、根菜類

2月19日(月)
主題:摂りにくい食物に挑戦。太陽の恵み(乾物)
要素:豆類(乾物)、大豆、レバー、海藻

3月19日(月)
主題:素材との対話 → 息づくものへのエール。間引きされた葉もの・木の芽
要素:
芽吹くものたち、山菜


ご予約承っております。
電話予約 0422-76-1363
メール予約はこちら